Cニコチンを含まない電子タバコは安全?

手軽に楽しめる電子タバコですが、使用上の注意をしっかり理解していないと事故につながる場合があります。

 

ニコチンを含まない電子タバコは、一見安全に感じますよね?
でも、ちょっとの油断での事故もあり得ます。

 

また、成分もしっかりチェックしてから使用しましょう。

 

ニコチンがないから無害?

 

今では電子タバコのユーザーも増え、電子タバコを吸う人々の姿も日常的になってきました。

 

電子タバコは、

  • ニコチンを含んでいない電子タバコ
  • ニコチンを含む電子タバコ

に分けられます。

 

電子タバコは、通常のタバコから比べれば有害物質は少ないといわれています。
ニコチンを含まない電子タバコは、健康的に感じますよね。

 

主な原料は植物性グリセリンですので、大きな問題はありません。

 

しかし、ニコチンを含まないことをうたっておきながら、少量のニコチンが含まれていたことがあったようです。

 

日本ではニコチンを含まないリキッドタイプの電子タバコは販売できません。
ですから、海外から輸入したリキッドには注意が必要です。

 

このことからもわかるように、ニコチンを含まない電子タバコは成分的には安全なんです。
しかし、輸入品や取り扱い方によっては危険なものに変わってしまいます。

 

海外品は香料もしっかりチェックを

 

日本で作られているリキッドタイプの電子タバコは、香料も安全なものを使用しています。

 

海外で作られているリキッドタイプの電子タバコは、有毒物質を使用している場合もありますので、使用する際には十分気をつけたほうが良いでしょう。

 

取り扱い方もしっかりと確認

電子タバコ葉は火を使用しないので、そういう面では安全です。
しかし、扱い方を間違えると、とっても危険。

 

以下は、事故の一例です。

 

バッテリーが爆発してしまった
  • 濡らしたりしないこと
  • 車内など暑い場所には置かないようにする
  • 落下させたり雑に扱うことはやめましょう
  • 事故を防ぐために、付属品は純正のものを使用してください
  • リキッド漏れには注意が必要  

 

子供が間違って吸ってしまった

甘いリキッドは子供には美味しく感じ、ニコチン中毒になってしまう可能性もあります。
必ず、子供の手の届かない場所へ置きましょう。

 

間違って飲んでしまった

ただちに病院へ!

 

ペットが飲んでしまった

ただちに病院へ!
ペットも子供と同様、間違って飲んでしまう確率が高いです。

 

ニコチンが入っていないと思って妊娠中にも関わらず吸ってしまった

タバコ葉タイプはニコチンが含まれています。

 

すぐ壊れた。よく見たら偽物だった

偽造品は安全性も疑わしいので購入しないでください。
きちんとしたメーカーが生産をし販売されているモノを選ぶようにしましょう。

 

 

 

電子タバコを安全に楽しむため、使用前はきちんと取扱説明書を読むことが重要です。

 

早くタバコを吸いたくて気持ちが焦ってしまうのもわかりますが、正しい理解と知識があってはじめて安全なものと言えます。事前にしっかりと把握することで、事故やケガなどを避けることができるのです。

 

楽しくおいしく、電子タバコを楽しんでいきたいですね。

関連ページ

ニコチン入りの電子タバコは通常のタバコより有害?
ニコチン入りの電子タバコは通常のタバコより有害なのか、検証しています。