電子タバコにはリキッドが必要なものと必要じゃないものがある

電子タバコには、大きく分けて2種類あります

 

そのタイプについて見ていきましょう。

 

リキッドが必要な電子タバコ

 

利用しやすく、男女ともに人気があるのがリキッドが必要なタイプ。
種類も多く、好きなものを選ぶことができるのも特徴です。

 

大きく3つに分かれます。

 

使い捨てタイプ

気軽に試せるので、「自分に合うどうか」知りたいときに試しに購入してみたり、「家に電子タバコを忘れてきた!」なんていうときにも便利です。

 

ただ、まだ香りなどのバリエーションがあまりないため、ちょっと寂しいかも知れません。

 

バリエーションが豊富なビタフル!
ビタミン電子タバコ「ビタフル」の特徴〜フレーバーを楽しみたい女性に

 

補充タイプ

吸うごとに、自分でリキッドを補充するタイプ。
細身の「ペンシル型」とバッテリー部分が一体型になっている「ボックス型」があります。

 

自分で補充するのは面倒だと感じる人も多いかもしれませんが、その反面、自分で補充する時間をも楽しんでいる人が多いのも事実ですが、好きなフレーバーを補充する時間は、ホッと一息つきたいときに案外大切な時間になりそうな気がします。

 

このタイプは女性に人気です。

 

カートリッジタイプ

コンビニやディスカウントショップで手軽に買えるのが、このカートリッジタイプ。
充電式の本体に装着するだけで、あっという間に吸うことができます。

 

カードリッジを交換するだけで使用できるので、面倒くさがりな人にもピッタリ。

 

リキッド不要なタイプ

 

タバコ葉を加熱するタイプで、タバコ葉を使用するタイプも3つに分かれています。

 

内側から加熱するタイプ

本体にタバコ葉を差し込み、内側からじっくり加熱していきます。
このタイプは、従来のたばこに良く似ています。

 

煙も出ますし、吸っていて気持ち的に満足します。
しかし、ぞの満足感を味わうために必ずしなければいけないことも。

 

それは、こまめに掃除が必要なことです。
ちょっと面倒ですが、葉を詰まらせないためにも忘れずに行なってください。

 

カプセルタイプ

本体にタバコ葉が入ったカプセルを装着して吸うタイプ。
こちらのタイプは煙もニオイも少なく、快適です。

 

ただ、その分、タバコらしさに欠ける味わい。
「がっつりタバコを楽しみたい」と考えている人には不向きかも。

 

外側から加熱するタイプ

内側から加熱するタイプと違って、煙が少ないのがこちら。
本体にカートリッジをセットして吸います。

 

本体を充電してあれば、連続で吸えることから便利さが人気を呼んでいます。
でも、味わい的には、ちょっと軽めでしょう。

 

今までヘビースモーカーだったり、ニコチンをしっかり感じたい人には物足りないかもしれません。

 

「電子タバコ」と一口に言っても、リキッドが必要な「リキッドタイプ」と「タバコ葉加熱タイプ」の種類があり、さらに分類されていきますが、どちらも手軽にタバコを楽しめるものではあります。

 

目的別で使い分けするのもいいですね。

 

例えば、フレーバーを楽しんだり、タバコの本数を減らしいずれ卒業したい場合などはリキッドが必要なタイプが向いています。

 

一方、タバコの香りやニオイも楽しみながら吸いたい場合は、リキッド不要のタバコ葉タイプがおすすめです。

関連ページ

電子タバコの仕組み
電子タバコの仕組みはどうなっているのでしょう?また、一口に電子タバコと言っても様々な種類があります。詳細はこちらをどうぞ。