電子タバコの仕組み

一時は長期売り切れもでるくらい話題となった、電子タバコ
いまではコンビニなどでも気軽に購入でき、多くのユーザーが気軽に利用していますよね?

 

だけど、

  • 「普通のタバコと何が違うの?」
  • 「どんな構造なの?」

と、とても気になりませんか?

 

そこで、電子タバコの仕組みについて、調べてみました。

 

電子タバコの仕組みは?

まず、電子タバコが出現する前、ほとんどのタバコユーザーが利用していたものが「紙巻タバコ」。
自分たちで刻みタバコを巻いて作るというより、市販のものがポピュラーです。

 

だいたいはフィルターがついていて、吸いやすい形状ですが、フィルターにもいくつかの種類があります。

 

フィルターは、煙をろ過してくれるので、ニコチンやタールを減らし、まろやかな味を楽しめます
箱に1本1本入っており、好きな時にライターで火をつけるだけで気軽に吸うことができます。

 

ブレンド方法がいくつかあったり、メントールやフルーツなどの香料を加えたものもあります。

 

いっぽう、電子タバコはどのようなものでしょうか?
電子タバコは、以下のようになっています。

 

タバコ葉を使用するもの

マルボロなどのタバコ葉を蒸して使用します。
専用のタバコスティックをセットして、吸います。

 

ライターを使用しないので、安全なのも良いですね。

 

リキッドタイプのもの

タバコとは違い、たばこの葉を使用していません。
本体の装置や専用カートリッジに入っているリキッドを電気で加熱させ、リキッドは香料が入っており、様々なフレーバーをチョイスできます。

 

紙巻タバコのように細めのスティック状のものもあれば、大き目でタンクのような形状のものなど、メーカーによりバリエーション豊か。

 

カラフルなもの、シールなどを貼ってカスタムできるようなものもあります。

 

吸い心地はどうか?

 

タバコ葉を使用するものは、従来のタバコと吸い心地がほとんど変わりません
しかし、火を使用しないから、灰も出ず、煙も出ないので、周囲にもイヤな顔をされません。

 

リキッドタイプは、香りなどを楽しむタイプ

 

吸う感覚がとても従来のタバコに近いので、

  • タバコの本数を減らしたい
  • 健康のためにいずれはタバコを止めたい

などの人にも、多く受け入れられています。

 

リキッドタイプの香りは?

 

今までのタバコは、タバコの葉が燃える匂いや煙で周囲に敬遠されることもありました。
電子タバコは、水蒸気を吸っていますから、多少の匂いはあったとしてもそこまで周囲に不快な思いはさせません

 

また、吸い終わった後にポイ捨てもできませんから、ごみが減るという点でも良いですよね。

 

リキッドフレーバーはどのようなものがあるの?

上記でもお話ししたように、リキッドは様々なフレーバーをチョイスすることができます。

 

  • スッキリしたミント系
  • 強いメンソール系
  • ほんのりフルーツ系 
  • 従来のタバコを思わせるようなスモーキー系
  • キャンディやクリームなどのデザートやお菓子系 
  • ナッツのような香ばしい系
  • ミルクのようなまろやか系

 

メーカーによって販売しているリキッドはそれぞれ異なりますが、代表的なフレーバーだけでもこんなに楽しむことができます。

 

人によって、「好きだと思うフレーバー」「満足できるフレーバー」は大きく異なるので、様々なバリエーションがあると、本当にありがたい。

 

自分の好きなフレーバーを選び、ゆったりとした時間を過ごせる電子タバコ。
お気に入りを手軽に持ち歩ける時代です。