アイコス互換機「アイバディ」の特徴

アイコスの互換機として登場した「アイバディ」。
アイコス用のカートリッジを使用できるスグレモノ。

 

人気のアイバディの特徴について、まとめてみました。

 

アイバディとはどんなものなのか?

 


詳細はこちらから >>

 

アイコスの互換機の中でも人気のアイバディ。
ユーザーも多くいます。

 

ホルダーと充電部分が一体型になっており、手間もかかりません。

 

また、アイコスのようにいちいち充電しなくても、本体を充電するだけで連続で吸うことができます。

 

持ちやすいフォルムと、おしゃれなカラーも魅力。
レッド・ブラック・ホワイトの3色から好きなのを選べます。

 

スターターセットを購入すると、充電器やクリーニングキットが付属されていますので、単品で購入するより初めはコチラの方がお得でしょう。

 

アイバディの大きさは?

アイバディの大きさ

 

アイコスは少々大きめのタイプですが、アイバディは非常にコンパクトな作りで、アイコスの四分の三くらいの大きさでしょうか。

 

これだけ大きさが違うと、持ち運びやポケットに入れる際も邪魔になりません。
重さがあると持って歩くのも億劫になりますが、その点アイバディは安心です。

 

アイバディの値段では?

気になる価格についても、調べてみました。
ショップによって少々のズレがありますが、アイコスは約1万円前後。

 

一時期はどこも売リ切れで、手に取るのがとても難しい時期もありましたよね。

 

対するアイバディは、だいたい8000〜9000円前後
アイコスよりちょっとだけ安価になっています。

 

ほかにはどんなメリットがあるのか?

 

アイコス用の葉たばこが使える!

電子タバコの先駆けとして人気のあったアイコス。
スタイリッシュなデザインや手軽に電子タバコを吸えるころが好評でした。

 

しかし、ユーザーから聞いたところによると、故障しやすいというデメリットもあります。
蓋が閉まらなくなったり、充電できなくなるケースが多くせっかく購入したのに使用できなくなってしまった・・・との口コミも多く見受けられます。

 

アイコスからアイバディに乗り換えた人も多くいたようですが、そんなユーザーたちの思いは「アイコスで吸っていた味が良い」ということ。同じ味をこれからも楽しみたいということです。

 

アイバディは、アイコスの葉タバコをそのまま使用することができます。
なので、「アイコスをずっと使用していくつもりでスティックを大量購入したけど壊れたから無駄になってしまった」ということにはなりません。

 

引き続きアイバディで楽しむことができます。
アイコス互換機ならではのメリットです。

 

壊れにくい

壊れにくい形状で、葉タバコを抜いたり入れたりする際も、壊れないようなデザインになっています。

 

また、デザインだけではなく、使いやすさ・持ちやすさもgood!
何より、アイコスとの互換性があり、アイコスのスティックをそのまま使用できるのが強味です。

 

 

関連ページ

アイコス互換機「ハーブスティック」の特徴
使いやすいと指示を得ているアイコス互換機「ハーブスティック」んお詳細情報を掲載しています。
アイコス互換機「アイスモーク」の特徴〜コンパクトで軽量
1年保証が付けれるアイコス互換機「アイスモーク」について掲載しています。
アイコス互換機「ATHENA Quick2.0」の特徴!コスパ抜群
コスパ抜群のアイコス互換機「アテナクィック2.0」について掲載しています。